ENJOY DEATH 死を楽しむ毎日。

ENJOY DEATH 死を楽しむ毎日。
ALS患者とがん患者の難病を生きる往復書簡
右往左往しながら話し合っています。

がん患者である清水哲男とALS患者のマイクが往復書簡をはじめました。
死の淵を彷徨うように揺れ歩く二人ですが、その状況を楽しもうと、そう、死を楽しもうと話しています。
ややもすれば悲観的にならざるを得ない状況の中で、生きるという意味が果たして見つかるのかどうか。暗中模索のような会話になるかもしれないし、堂々巡りになるかもしれません。それでも話をすること自体を目的にして、ひとつの結論を求めることなく、右往左往しながら話し合っていきたいと思っています。

残念ながらマイクさんは、2020年8月9日午後永眠されましたが、清水哲男は引き続き「生きるとは」「死ぬとは」「甲斐ある人生とは」などをテーマに、マイクさんとの1年半をトレースしながら往復書簡を続けております。

この「往復書簡」をベースにして、鹿児島の地元紙南日本新聞では2019年6月から「『生きる』宣言 ALS患者マイクさんとの往復書簡」を連載しています。連載は2年目に入ります。